2014.10.04(Sat):ZIGGY
会場に流れる1984~♪
そうだよね、今日メンバー揃ってるんだよね

スラット定位置のままだったので
ものすごく久しぶりの目の前森重さん(゜ロ゜;)
やべぇ押されまくり、曲始まる前から押されまくり
曲は逆説のファンタジア
本当に久しぶりに目の前で並ぶ森重さんと戸城さんに感動
何度も柵に脚をかけようと森重さんの脚が飛んでくる
が、スペースがなくてオロオロする脚に萌えw
フトシさんの脚だと避けてスペース開ける余裕あるのに
森重さんだとまったくない!!!!
脚がかかったところで後ろから押されるから
森重さんの膝に額ゴッツンしてしまったよ(;´Д`)
ZIGGYを最前で見るなんて高校生の時にあった一度だけだったと思う
(ダスは何度か見たけど)
押されまくりだったけど、楽しかったしラッキーだった(´∇`)

2度目のアンコールはZIGGYメンバーにTHE BROTHELSのメンバーや
TUSKさんも出てきてGLORIA
ケニーコールでケニーさんも出てきたけど殆ど歌ってなかったw
目の前で森重さんとTUSKさんが並んで楽しそうに歌ってる姿は感動でした。
いいもの見れた~ヽ(´ー`)ノ

人多すぎで不安だったけど、最高に楽しめたイベントでした。



2014.03.08(Sat):ZIGGY
※ダスボンを諦め切れていない私なので
 素直に楽しかったぜー!ヽ(´ー`)ノってレポではありません。
 側に空気読めよ!って人たちもいて凄く不快だったし
 この記事も書くかちょっと迷ったけれど、
 感じたことを記録として取っておこうと思い
 書く事にしました。不快に思う方がいるかもしれませんので
 楽しかったー!ってレポが読みたい方は見ないほうがいいかと思います。

※セトリネタバレあり

IMG_2128.jpg
チケ番悪かったから(っていうかあの規模だとよかったら奇跡だよね)
ノンビリ出勤。
着いたのは開演10分前ぐらいだったかな
入り口で「ZIGGYさんはこちら~」とさん付けで言われてたのが笑えた。

中はすごい人で、戸城さんと森重さんだけはしっかり見える階段踊り場を確保
ステージ遠いなぁと狭い所で更に最前なれしてしまった身は寂しく思う
(最前でも遠そうだもんね)

1984~♪とSEが流れ曲が終わるとメンバー登場
ジャーン♪という音と共にライブはスタート
久しぶりに見た森重さんは、一時期痩せすぎてない?と気になっていたけれど
(私にとってw)いい感じになってました。
いつの間にかステージドリンクも水になってたのね
コカコーラゼロは(というかゼロカロリー飲料全般)は
飲みすぎない方がいいらしいから良かったと思う。
そして憲夫さんは久しぶりのヒラヒラ憲夫さん(*´д`*)(←久々に出てきた顔文字w)
骨Tダックもカッコいいけど、やっぱり私にとっての憲夫さんはこっちだからね~

最初から飛ばしてきて、いい感じ
カネタクドラムは相性いいし、演奏も期待通り
と楽しむはずだったのに…
3曲目でもうダスボン
1曲ぐらいは覚悟をしていたけれど、
正直やっても後半に記念に1曲程度と思っていたから
早すぎる登場に激しく動揺、嫌な予感がしてきた。
森重さんのソロで聞いたダスボンに比べ、原曲(ダスボン)に近かったから
聞いていられたけど正直寂しい気持ちになる、乗れない
その後、蒼ざめた夜とか光と影とかやってくれたから
こういうのが聞きたかったー!と浮上

間にドラムソロコーナーがしっかりあり
カネタクの見せ場も。
しかし、他のメンバーはここで休憩取れるのにカネタク大変だなーとも思うw
若いから大丈夫かー!

と、浮上して楽しみ出したらまた落とされる
よりによってCONFUSION、ZIGGYでこれやるか…
せめてうぉー!が聞けたらと思ったけど歌ってくれず
落ち込んでいた所、陽気なおじさん(とか言っちゃうw)の
おかげで笑えてちょっと浮上

このあたりだったけでベーストラブル、アンプの方っぽくて
少々ライブ中断。
トラブルも伝統と憲夫さんは笑ってた。
久しぶりに大勢の前でアンプもビックリしてるとか言うしw

丁度来日しているのもあるのか
ZIGGYっぽいLet's Spend The Night Togetherが聞け
また落とされる、と言っても今度は想定内の
ROCK'N'ROLL CIRCUS
やるならこれだろうと思っていたから、まぁ…

何と言っても最高だったのが一回目のアンコール
座っての演奏でタロウちゃんもアコギを持ってたと思う
(よく見えなかったので)
選曲も最高で、CLOSE YOUR EYESなんか当時好きで
寝る時毎日のように聞いてたから

しかし残念だったのが、側に空気読めないのか
デカイ声でおしゃべりする人たちがいて
それがまた、静かな曲を選んだかのようにしゃべる
BURNIN' LOVEのイントロとかこのアンコールとか
うるさくてMCも聞こえないし
座ってアコギ持ってる状態なのに、どう考えても合わない
某曲をやってやってとデカイ声で叫ぶ
この感じならもう一回アンコールやるだろうからそこで言え!
大体その曲やるならラストだろ!
何度も殴りたくなった。
そんな訳でアンコールの時森重さんと憲夫さんの長いMCあったのに
殆ど何言ってるかわかりませんでした。
星のない街の子供達が始まっても、違うと大騒ぎ
アンコールの間中、デカイ声で大騒ぎうるせぇヽ(`Д´)ノ
ちなみにその曲やりませんでしたw
私も聞きたい気持ちあったけど、正直ザマーと思った
(性格悪いよ、私)

アンコール2回目は定番の盛り上がり曲
ラストはやっぱりこれだよね、って感じで楽しめた。

曲たっぷり、3時間近いライブ
こんなに長いと思わなかったから嬉しい誤算
(急いで帰ることになったけど)
でも、やっぱりダスボンの曲やるなら
ZIGGYの曲増やして欲しかったと思う
他にも聞きたかった曲あるしさ

気持ちのアップダウンが激しすぎて疲れた。
3度ほど前を通った陽気なおじさん(略)に結構救われた。
ってかそっちの印象が強くて帰りにそのお方の曲聞いて帰ったw
丈ちゃんが来てたみたいだど、どんな気持ちでダスボンの曲やるの見てたのかな
丈ちゃんが来てたって情報聞いて、ちょっと寂しい気持ちになったよ
久しぶりに見た森重さんのおパンツは紫のチェックっぽく見えた
遠いしライトの加減もあるから違うかもしれない



適当なセットリスト

WHISKY, R&R AND WOMEN
EASTSIDE WESTSIDE
SILENT SCREAM
I'M GETTING BLUE
蒼ざめた夜
光と影
TOKYO CITY NIGHT
逆説のファンタジア
逃避行
6月はRAINY BLUES
STAY GOLD
12月の風になりたい
Be Yourself
HOT LIPS
CONFUSION ~失意の空 混乱の海~
LAZY BEAT
CRISIS
LAST DANCEはお前に
I'M JUST A ROCK'N ROLLER
Let's Spend The Night Together
ROCK'N'ROLL CIRCUS
LET'S DO IT WITH THE MUSIC
BURNIN' LOVE
暗流
Guilty Vanity
DON'T STOP BELIEVING

アンコール
(座ってのアコースティックバージョン)
星のない街の子供達
訪れる夜だけに
午前0時のMERRY-GO-ROUND
CLOSE YOUR EYES

アンコール

GLORIA
HOW
SING MY SONG
ONE NIGHT STAND

追加公演は、被ったしダスボンっぽかったら行かないと言ってましたが
ダスボンっぽいんじゃなくてほぼダスボン
(ダスボンの曲をやったって意味で)だったので行きません。
良かったらvezのチケ捨てる覚悟はあったんだけどね
(vezは出演者多くて時間短そうだし)


ライブ参戦予定

03月14日 高円寺Club ROOTS!(フトシさんワンマン)
03月26日 高円寺HGH(KGSS)
03月28日 渋谷VUENOS(vezワンマン)

04月05日 稲毛K's DREAM(vez)
04月08日 稲毛K's DREAM(フトシさん)
04月14日 本八幡Route14(フトシさん)
04月19日 代々木labo(スラット)
04月23日 吉祥寺曼荼羅(フトシさん)
04月27日 池袋手刀(vez)
04月29日 吉祥寺GB(スラット)

05月18日 渋谷Star Lounge(フトシさん)
05月22日 新宿LOFT(vez BANKS)


2010.12.19(Sun):ZIGGY
仕事から帰ってきたらカウンターの回り具合にビビル(゚Д゚;)
寝そうだけど(まだ10時半w)がんばります!

ちょうど会場が始まったころに着いたので番号順に入る
(とは言っても400番)

段差がないと聞いていたので見えないだろうと諦めていたが
入ってみるとあるじゃないの!
しかし係員がいて開放してくれないので
開放を待って段差上最前を確保した。

おかげで遠かったけどよ~~~く見えた。感動!
気づけば会場は満杯状態だった。

本日もSTEP BY STEPでスタート。
BLITZの時感じてたダスボンっぽいなぁなんて気持ちも
まったく感じず、あぁZIGGYだ!と素直に思えた。
それだけに3曲ぶっ飛ばした後の「期間限定ZIGGYも最終日」
という言葉の後のSING MY SONGで涙がボロボロ出てきてしまった。
SING MY SONGは昔、本当に好きだった曲。
あの頃を思い出すし、何で封印してしまったのかと今更すごく後悔したりする。
この楽しいZIGGYも今日で最後なんだ、と思うと無性に鳴けてしまった。

そしてここからBLITZとセトリが変わる。
WASTED YOUTHは憲夫さんの見せ場のある1曲。
カッコイイ(*´д`*)
やってくれて嬉しい1曲だー!

「バラードも一緒に歌って欲しい」との森重さんの言葉で
BURNIN' LOVE。もちろん大合唱。

そしてSWEET SURRENDER。もう好きすぎる1曲なので
大はしゃぎしてしまった。
やってくれてすごく嬉しかった。
たしか夏のライブの頃にやって欲しいって書いた1曲だったと思う。
そしてFEELIN SATISFIEDへ。もう歌いっぱなしですね。

歓声の中憲夫さんがしゃべる。
「僕たち練習しましたからー」と。
SILENT EVEを待ちながら
しかし森重さん、出だし音が聞こえないのか耳をふさぎ
かなり歌いにくそうにしていた。
私もはじめベース音が大きくてギターが聞こえなかった。
さすがにコレだけ後ろだと場所のせいじゃないと思うし。
ちょっと残念。

STAY GOLDではまた大合唱になり
そのままGLORIAへ。
正直飽きたなーと思っていたこの曲も
憲夫ZIGGYには絶対必要な1曲。
あの一瞬のためだけにねw

そして12月の風になりたい。
終了後も耳に残る1曲、楽しかった。
CD聞いていいなーと思っていたけど生で聞いたら本当に最高だった。

そして感動だったのが
HOWからのCRISIS。
もう待ってました!!!って感じですよ。
HOWやったらCRISISやらないと気持ち悪くないですか?
正直BLITZではちょっとガッカリだったもん。

そしてメンバー紹介。
Joeが紹介されマイクが向けられると
昨日も書いた「いつかやるからまた見に来て」という言葉に
森重さんが「確かに、またいつかやるから!」と言葉を返す。

「私より一回り下のウサギ年!」とタロウちゃんを紹介。

「私森重の長いこと相方!」と「お年を召されました…」と紹介。
「やれるうちにやっておいたほうがいいと思いやってまーす!」と返す。

「50歳の戸城憲夫が30歳の時に作った曲!」と
午前0時のMERRY-GO-ROUND。
20年前か…私も歳をとるはずだ(;´Д`)
客席がサビで手を左右に振り出したのを見て
少し風の吹く方へを思い出してしまったりしたが
すぐにZIGGYへ戻る。

だって次の曲暗流だったからね!

まってましたー!だよ。
BLITZよりも演奏も断然良くなっていて
3人のパフォーマンス、すごくかっこよかった。
引っ込んだ森重さんがしっかり衣装チェンジしてきたのには笑えた。
さすがだー!

Guilty VanityからDON'T STOP BELIEVINGで本編は終了。
セトリを見てみると曲数あるのに本当にあっという間だった。

アンコール。
憲夫さんと髪をアップにしたタロウちゃんが登場。

憲夫さん、黒い箱を持ち
「このティッシュケースに貼ってあるステッカーが目に入らぬかー!」
を寸劇(?)を始める。
まったく見えませんが…(;´Д`)

「オジーオズボーンのステッカーだー!」
遠すぎてまったく見えません…。・゚・(ノД`)・゚・。

そしてタロウちゃんの方を向いて
「この長い長髪をーーーーってやめちゃってる!(゚Д゚;)」
タロウちゃん慌てて髪をほどくと
「日本のジャックワイルド(だったかな?)ことカトウタロウ公でござるぞ!!」

「頭がたかーい!」「頭がたかーい!」
思わず頭下げちゃったw

すごく楽しそうだったなぁ憲夫さん。

この流れからSHOUT IT OUT LOUDが始まっちゃったよ。
MAYBE I'M FOOL、I CAN'T STOP DANCIN'と続くと
本当にZIGGYだなぁと思わされるよ。
I CAN'T STOP DANCIN'の出だしで憲夫さんが森重さんみて
指で森重さんと自分さして再び森重さんのほうへ。
森重さんが、オレ?って感じになり
「のりおー!」の叫びで曲がスタート。

ラストはやっぱりLA VIE EN ROSE。
曲が始まる前に憲夫さんが舞台ソデへ消え、バラの花を持って登場。
私からの距離だと本物か造花かは不明。
客席へ投げまくる。
1本を森重さんのマイクスタンドへ刺したけど
結局森重さんが投げちゃった。
欲しかったなぁ…

気づけば4曲もやってくれて
それだけにアンコールは1回で終了。
しばらく鳴り止まなかったし私も粘ったんだけどね。残念。



ふと思ったのが、憲夫さんも歳とってまるくなった
(って表現も違うか)のかなぁ
なんか真面目になったよなぁと。
昔はもっとおちゃらけまくって演奏とかコーラスを
こんなに真面目にやってなかった気が…
(あくまでも私の主観です)

タロウちゃんも最初よりかなりなじんで動きまわってたと思う。
すごい風付き憲夫さんマイクでコーラスやったとき
髪がすごいことになってたよ、静電気貯めちゃった人みたいになってたw
憲夫さん風に吹かれっぱなしだからw

そういえば何の曲だったか忘れたけど
興奮したのか憲夫さんマイクスタンド握ってブンブンしちゃって
その後コーラスのためにスタッフが飛んできたのに
自分でも治してた。
憲夫さんがマイクスタンドをあそこまでいじったのは
初めて見たかも。
それだけ良いライブだったのかな、とちょっと嬉しく思う。

セトリも他のところで変わっているみたいだったので
違うのを期待しつつもBLITZのをベースに少し曲変えてるぐらいかと思っていたら
かなり変わっていてすごく嬉しかった。

これで終わってしまうのは本当に残念。
またやって欲しいと思う、やってくれることを祈る。









セットリスト

STEP BY STEP
月が昇る頃には
光と影
SING MY SONG
WASTED YOUTH
LAZY BEAT
BURNIN' LOVE
SWEET SURRENDER
FEELIN SATISFIED
EASTSIDE WESTSIDE
I'M GETTIN BLUE
SILENT EVEを待ちながら
JELOUSY
STAY GOLD
GLORIA
12月の風になりたい
HOW
CRISIS
午前0時のMERRY-GO-ROUND
暗流
Guilty Vanity
DON'T STOP BELIEVING

アンコール
SHOUT IT OUT LOUD
MAYBE I'M FOOL
I CAN'T STOP DANCIN'
LA VIE EN ROSE


肩と腰痛めてたのが悔しい、体調万全で見たかった。
本当に最高のライブだった。


そして本日もまた誰も見つけられませんでした(;´Д`)
時間が遅かったので出待ちの人たちを横目に
帰らないといけなかったのが悲しい。

ただいまの時刻12時40分。2時間書いてたのか!
ばーーーっと書いちゃったので文章おかしかったり
誤字があっても許してください。
(まぁ両方ともいつものことだけど)
2010.12.18(Sat):ZIGGY
帰ってきたの11時半(;´Д`)
明日6時おきなのでレポは月曜の予定。
ゴメンなさい。
気力があったら明日夜にアップします。

感想を言えば

最高!

の一言です。

サイレントイブや大好きなSWEET SURRENDERをやってくれたし
HOWからCRISISの流れはコレよコレ!!!!って感じでした。

間違えなく今年№1、そして復帰後のZIGGY(2005年野音)以降でも
№1ですね。

joeが「いつかやるからまた見に来てね!」と言って
森重さんが「そうそう、いつかやるから!」と言っていたのが気になります。
実はもう決まっていたりして?
と深読みしてしまう私がいる。
まぁやって欲しいからそう思いたいだけなんだろうけど。







ではオヤスミなさいませ~
(あぁ明日仕事行きたくないなぁwもっと浸っていたい…)
2010.11.21(Sun):ZIGGY
どうせチケ番良くないから(A300番台)とのんびり行きました。
着いたときにはBの入場が始まっていたので中に入る。
憲夫さん側の段差上の3,4列目ぐらいの結構見える場所を確保。
でもあと30分つらいな~~と。
ボケーっとすごすも、入ったときはスカスカだった周りが
気づけばギュウギュウだった。
後ろの人が宗仁は見えそうと言っていた…
連れの人が一生懸命説明していた。



5分ぐらい押してのスタート。
STEP BY STEPのイントロギターが鳴り歓声があがる。
(後で知ったが)GREED製の衣装を着てサンダーバードを構え
笑う憲夫さんにダスボンを思い出しちょっと悲しくなるも
曲が曲なので楽しくなってきた。
しかし月が昇る頃にはになるとあれ?新横浜…?とちょっと不安になったり
イマイチ集中できない自分がいた。

しかし来た!光と影だ!
好き!この曲好き!とノリノリに。
昔から好きだったSING MY SONGと続いていき
大好きなZIGGYだー!とだんだん吹っ切れてくる。

しかしBURNIN' LOVEのイントロギターを聞き
うわぁロックだー!と感じだす。
少し早く、そして歪んだギターの音。
昔のしっとり歌い上げる感じとは違う。
このあたりから曲によってかなりアレンジを感じだした。
I'M GETTIN' BLUEなんかは違和感まったく
STAY GOLDも楽しく歌ったけどGLORIAがなんか早いw
そのままの流れで入った12月の風になりたいは
すごくかっこよく仕上がっていた。
午前0時のMERRY-GO-ROUNDも昔の綺麗な曲というイメージではなく
ちょっと重い(?)感じでしっとりというより
じっくり歌いこまれ、演奏されてたように思う。

そして念願の暗流。
午前0時のMERRY-GO-ROUNDの終わったあと
Joeとタイミングを取るため憲夫さんが振り向いたら
間に森重さんがいてちょっとよけて目配せしていたのが
微笑ましかったw
CDとも前に渋公でやったやつとも全然違う感じの暗流。
リズム隊がドカドカでカッコイイ。
演奏隊はめちゃくちゃ見せ場たっぷりにアレンジされ
頭振り乱すタロウちゃん、全身使って演奏する憲夫さんに
見せることを忘れず、しかしハードなプレイのJoe。
ただただスゲー!の一言。
ただ、このあたりから森重さん声ちょっと逝った?と感じだした。
うぅ…

ハードな暗流からスピード感たっぷりのギルバニに入り
ますます頭を振りまくるタロウちゃんと
負け時と頭フリフリの憲夫さん。
ほとんど憲夫さんしか見ていなかったけれど
楽しそうに演奏して
久しぶりと思われるワイヤレスに動き回っていた。
コーラスもほとんど真面目にやっている感じで
ちょっとおちゃらけたのは
2階席に知り合いがいたようで
多分STAY GOLDの時だったか曲の最中に手を振って
(振り替えされたのか)笑っていたのと
投げキッス(に見えたw)をしていたぐらいかな。

本編最後のDON'T STOP BELIEVINGも
森重さんの歌いだしの前に
重々しいロックなイントロが入っていた。

アンコール、メンバー紹介をして曲に入る。
メンバー紹介をしているとき憲夫さんは頭にタオルを巻いていたw
しかし曲中に邪魔になったのか華麗に投げてしまった。
(あぁそのタオルホシイ…)
I CAN'T STOP DANCIN'はやはり早く
昔のようにサビで踊り狂うのはかなり疲れそうw
(出来ないけどさー(;´Д`)
流れて入った為かLa Vie en Roseもちょっと早かったかな。
考えてみると私は憲夫さんLa Vie en Roseって初めて
(正確には8月が)だったことに気づいた。
この曲聞くと未だに飛行機が飛んでくるがw
楽しくみんなで歌って終了。

終わってみるとあっという間で
でもセトリ書き出してみるとたくさん曲やっていてびっくりした。
終わったと一瞬すごくお疲れな顔が見えたのも納得。

8月のライブの終わりの時
客席から「えー!」って声が上がって
「曲がないんだよっ!」って言っていて
ツアーの時は曲増やすようなことを言ってたと思うんだけど
本当に増やしてくれていた。

ダスボンのことをやっぱり考えてはしまうけど
かっこよくアレンジされた曲は素直に良いと思ったし
何より憲夫さんが本当に楽しそうだったから
これならダスボン待てるかなーと思った。


スポンサーw








セットリスト

STEP BY STEP
月が昇る頃には
光と影
SING MY SONG
MAKE IT LOUD
LAST DANCEはお前に
SWEET SOUND OF R&R
BURNIN' LOVE
EASTSIDE WESTSIDE
I'M GETTIN' BLUE
SHOUT IT OUT LOUD
TOKYO CITY NIGHT
君をのせて
STAY GOLD
GLORIA
12月の風になりたい
HOW
MAYBE I'M A FOOL
午前0時のMERRY-GO-ROUND
暗流
Guilty Vanity
DON'T STOP BELIEVING

アンコール

I CAN'T STOP DANCIN'
La Vie en Rose


会いたい人いっぱい居たけど
誰一人見つけられなかった(;´Д`)
人多すぎw
しかし赤坂のクリスマスイルミネーション
綺麗だったわぁ

しかし演奏する姿が怖いぐらいダスボンだったなぁ
憲夫さん。
ZIGGYだのダスボンだのって違いじゃなくて
長い年月によって生み出されたスタイルなのは
わかっているけどね。
だから多分衣装とベースさえ整えば
スラットだろうとB6Bだろうとそう見えるのだろう。
でもちょっと寂しく感じるなぁ
やっぱりヒラヒラブラウスとか
野球のユニフォームみたいのとか
前に丈ちゃんに着せてたのとか見たいと思ってしまう
自分がいるw

出かけて帰ってきて書く状態を繰り返し
3回ぐらいに分けて書いたので
文章おかしかったらゴメンなさい
日本語おかしいのはいつものことか…


ライブ参戦予定

11/28 横浜LANDMARK PLAZA(gonvut)晴れろー!

12/10 新宿Naked Loft(GONDAさん)
12/13 阿佐ヶ谷LoftA(フトシさん)
12/17 Zepp TOKYO (ZIGGY)
12/23 新横浜SUNPONIX HALL(森重さん)

01/21 新宿LOFT(スラット)
01/29 稲生座(GONDAさん)時間聞くの忘れた、行けないかも?

04/09 千葉LOOK(森重さん)千葉に来るー!

2010.11.21(Sun):ZIGGY
近いよ、赤坂!1時間ちょいで帰ってこれたー!

まず速報ということで簡単な感想?とセトリを

ネタバレがいやな方は読まないでください。


このBlogは





の提供でお送りしますw
(すみません、遊んじゃいました)



まず率直な感想…
前半はそうでもなかったのですが中盤以降

んん????ダスボン????

なんていうか…トシロックでしたw
すごくわかりやすかったのがGLORIA。
ロックなGLORIA(゚Д゚;)
BURNIN' LOVEとか午前0時のMERRY-GO-ROUND
とか歌を聞かせる系もロック。
Joe休んでないよw
すごかったのは暗流。
どうすごかったのかは見てのお楽しみ。
っていうかJoeファンは期待していいよ、暗流すごいから!
タロウちゃんと憲夫さん頭振ってたからー!

立ち居地もそうだし、なんと言ってもベース弾いてる姿もダスボン。
ZIGGY時代のあのおちゃらけ演奏とか両手離し奏法とかぜんぜんないの。
昔を懐かしむとかネツメロたいかーい!とか思って行くと
びっくりするね。
森重さんと二人しか見なければダスボンだよ。
普通に次ダスボンの曲きそうと思った。
ダスボンでダンとまやギルバニやりだしたのは予兆だったのかなぁと
今更ながら思う。

前半まだもやもや~とした気分がどこかに残っていたけど
後半は楽しんじゃった。
終わった後脚痛くてしばらく休んで帰ったよw


セットリスト

STEP BY STEP
月が昇る頃には
光と影
SING MY SONG
MAKE IT LOUD
LAST DANCEはお前に
SWEET SOUND OF R&R
BURNIN' LOVE
EASTSIDE WESTSIDE
I'M GETTIN' BLUE
SHOUT IT OUT LOUD
TOKYO CITY NIGHT
君をのせて
STAY GOLD
GLORIA
12月の風になりたい
HOW
MAYBE I'M A FOOL
午前0時のMERRY-GO-ROUND
暗流
Guilty Vanity
DON'T STOP BELIEVING

アンコール

I CAN'T STOP DANCIN'
La Vie en Rose

2010.08.11(Wed):ZIGGY
おそらく大半の人が知りたいのはギターは誰?
と思うので先に発表。

ギターは
BEAT CRUSADERSの加藤太朗さん。

RockGuildのBlog見たら顔隠してあったんだけど
見ちゃったし、名前も名乗ってたしいいんだよね?

お面バンドだからネット上顔出せないのかな。
かっこよかったよw

6時40分ごろに到着
中に入ると思ったより人がいなかった。
チケット交換の時も名前が消えていない人が多かった。
(これは、まぁ…交換できない人多そうだよねw)

しかし気づけば満杯。とはいってもギュウギュウってことにはならず
押される事もなく最後までがんばれた。
(隣で仰いでいたオニイサンありがとう!私も涼しかったw)

前半はステージまったく見えず
後半になりラッキーな事に憲夫さんだけ丸見えになった。
衣装は白ブラウス。新しいの買ったのかなぁw

とにかくノリが凄い。どれだけみんなこの日を待っていたんだ!
歌って跳ねてコブシ振って。
さすがにモッシュとは行かなかったけどね。
憲夫さん嬉しそうでスラットのようにはならなかったけれど満足してもらえたかな。

なんと言っても感動だったのがGLORIA。
GLORIAがこんなに嬉しい、感動!なんて!
そう憲夫さんのベースソロですよ!感動ですよ!!!!
やっぱり憲夫さんのが一番イイ!!!!

最初のMCで50歳!と森重さんに言われて
カッコイイ50歳でしょ、こんなのいないよ?と得意気。
森重さんがライトあたっているからwwwwと突っ込み。
いいコンビ。

そう、立ち位置が憲夫さん向かって右でした。
ダスボン風。ちょっと意外。でもおかげで見やすかった。

最初のMCで「何事もなかったかのようにZIGGYです」と紹介。
実際何事もありませんでした、と。
今年はこのメンバーでZIGGYやります、
普段見に行かないところにも来てください。
それを見込んでツアー組んでます、ってw

なんども憲夫コールがおこりちょっと照れくさそうな憲夫さん。
激しい"憲夫!"コールでそんな雰囲気じゃないからーと。
I CAN'T STOP DANCIN’のイントロ演奏。

Joeのドラムが凄く激しかった。
ドカドカドカドカ!って感じで曲全体も激しく感じる。

後はやっぱり憲夫さんがコーラス入れてるのがいい。
ONE NIGHT STANDとか歌っているのは感動もの
森重さんが憲夫さんのところへ来て肩に手を回したりしてて
憲夫さん自身も結構動き回っていた(と思う。視界から何度も消えたので)

2度目のアンコールの時、森重さんが「あと1曲」との言葉に
会場はブーイング。
「やれる曲が無いんです。秋はもっと出来るように練習します。」
そして「じゃGLORIAもう1回やろうか?」
やって欲しかったなぁw憲夫さんブイブイベースがもう一度聞きたかったよー!

秋が期待できるライブでとても楽しかった。
終了後気づけば脚が激痛でしばらく動けなかった。
久しぶりだなぁ。この痛み。
誰かロイヤルタッチお願いします、って気分だったよw


演奏的にはちょっと苦笑いが…なんて時もあったけれど
秋に向けてかなり期待。

暗流やって欲しいなぁw







セットリスト
(※3曲目のタイトル判明。修正しました。)

STEP BY STEP
月が昇る頃には
A NIGHT OF SYMPATHY
SING MY SONG
LAZY BEAT
SWEET SOUND OF R&R
I'M GETTIN' BLUE
BURNIN'LOVE
Jealousy
君をのせて
STAY GOLD
12月の風になりたい
GLORIA
I CAN'T STOP DANCIN’
HOW
FEELIN' SATISFIED
Guilty Vanity
DON'T STOP BELIEVING

アンコール
ONE NIGHT STAND

アンコール2
La Vie en Rose

多分あっているかと。ちょっと不安。
3人の頃のを中心に、とWe Rockに書いてあったけれど
結構その前の曲もやってるよね。
憲夫さん抜けて以降、というより宗仁再加入以降の曲はなし。


最後に一言。
最高の誕生日でした。ありがとう!ヽ( ´ ▽ ` )ノ


さて、本日は森重さんのFCライブ。
脚は痛いは肩は上がらんわだけどがんばってきますw(`・ω・´)